歪んだ骨盤を正す筋肉!

こんにちは!にしかつら整体院です!

 

今日は、骨盤の歪みを正すのに必要な筋肉はいくつかあるのですが、

その一つである【大腿内転筋群】と呼ばれる筋肉にはとても大切な役割があります。

 

大腿内転筋群が弱ると、下半身太りや、タプタプ太もも、ぽっこりお腹になりやすいと言われています。

また、骨盤をしっかり閉めてくれる筋肉ですので、弱くなると骨盤の閉まりが悪くなり、

産後の骨盤の歪みにもつながっていきます。こわいですね。

 

なので、妊娠から出産、育児を経て、運動不足に陥りがちなママさんは、

すごくこの筋力が落ちており、しっかり鍛えていかないといけないのですが、

まずは、このチェックからして欲しいと思います。↓↓↓

 

椅子に腰かけて、

①両膝が自然と閉じたままか?

②足元も自然に閉じたままになるか?

③足を組むクセがないか?

いかがですか?とても簡単なチェックですよね。

しかし、この3点のいずれかでも当てはまっていると、大腿内転筋の筋力が弱くなっています。

筋力が弱まれば、骨盤を正しい位置に戻すことも難しくなります。

骨盤の歪みは、不調の大元・・・・

 

ですので、次回は大腿内転筋の鍛え方をお伝えしたいとおもいます!

にしかつら整骨院の口コミをもっと見る