内ももの大切さ!

こんにちは!にしかつら整体院です。

 

今日は前回の続き、「大腿内転筋群の鍛え方について」です。

 

まずはじめに・・・

 

大腿内転筋群がしっかりしていると、

・太ももが細くなる

・下半身太りの軽減

・O脚の改善

大腿内転筋群により骨盤と内臓がしっかり支えられると、

・代謝が良くなり、痩せやすい体内環境になる

・下っ腹がすっきりしてくる

 

そして、

 

骨盤底筋の働きを助ける!

 

というありがたい役割があります!

 

大腿内転筋群は、「産後のお身体のケアと綺麗なボディラインには欠かせない【骨盤底筋】」の真下に位置しているため、

これを支えるのに大切な役割も果たしています!

大腿内転筋群を鍛えることで、骨盤底筋の働きを助けることができるのです!

 

では、鍛え方に入りますね。

 

ステップ1

座って何かの作業や、授乳などをする時に、膝の間に物を挟んでみましょう。

薄目のノートや本を、落とさないように挟んでキープするだけで、内転筋が効果的に鍛えられます。

また、時間があるときは仰向けに寝て、膝の間にクッションを挟んでそれをゆっくりと内ももの力で閉めつけましょう。(5秒を3回、3セットを行ってください)

最初はすぐに内ももの付け根が痛むかもしれませんが、効いている証拠なので、続けましょう。

 

ステップ2

座っている時に常に膝が付けられるようになったら、今度は内転筋トレーニングです!

1、肘をつくか、枕などで上体を起こして横向きに寝ます

2、上になっている脚は膝を曲げて立てておき、下になっている脚を真っ直ぐ上にあげていきます

3、その位置で5秒程キープ!5秒休む!を3回繰り返します

123の動きを、3セット行います。反対側も行っていきます

ベッドなどの柔らかいところではなく、少し固めのところで行いましょう。

 

以上です!

骨盤を支えてくれる非常に大切な筋肉ですので、毎日しっかり鍛えていきましょうね。

 

当院おすすめのメニュー

image011

にしかつら整骨院の口コミをもっと見る