患者様の症例 その2

 

【患者様】Uさん 34歳 女性

1、お悩み

出産後から、 「右股関節から鼠径部の痛みが強く、日常生活もつらいが、育児が思うように出来なくて

子どもに悲しい思いをさせているのではないか?それがすごくつらいです。何とかしてほしい」との思いで来院したとの事でした。

 

2、検査結果

初検では、骨盤の左上がり、後傾、右の開き、右骨盤の前方へのズレ、が見られ、

後ろへ身体を反ることがほぼ出来ず、股関節のすべての動きで激痛を伴っておられました。

 

3、治療

産後専門の骨盤矯正を施術しました。

 

4、治療後

股関節の動きによる痛みが少し改善され歩行時の痛みも和らいでました。

回数を重ねるたびに痛みが緩和され、6回目の施術時には、股関節の痛みは完全に消失しました。

子どもを抱っこして日常生活が送れることにすごく喜んでおられました。

 

5、追記

出産においての、お母様方の悩みは様々です。

痛みに耐えられない方もおられますし、スタイルの崩れが非常に気になる方もおられます。

ですが、一つ言えることは「出産後に変わってしまったお身体の原因は、出産から育児の歪みでしかない」 ということです。

その歪みを放置してしまうと、今後ずーーーーっと、その悩みと付き合っていかなければなりません。

産後の骨盤の歪みは、いつまでも治せるものではないのです。

ですので、少しでもお悩みのある方は、将来のためにも早い治療をオススメします!

image011

image007