お子さんの急な肘の痛み・・・その原因と対処法

IMG_1428

こんにちは。にしかつら整体院の伊出です。

 

先日、患者さんから、「子供の肘が抜けた」というお話を受けました。

時々起こる、子供の肘の問題・・・

今日は、その原因と対処法、予防法をお伝えします。

 

お子さんが急に肘を痛がる場合は、ほとんどの場合は「肘内障」であることが多いです。

 

「肘内障」とは、幼児期に起こりやすい肘関節の亜脱臼です。

幼児の肘はまだ、関節の構成が不完全であり、靭帯の強度が弱いため、

急に引っ張る力が加わると肘の関節が抜けてしまいます。

 

そうなると、肘に痛みが出てくるので、

お子さんは肘を動かさず、泣き出してしまいます。

 

もしそうなってしまった場合は、動かさずに大至急

当院に来ていただくか、近くの産婦人科や整形外科などに行って

関節を入れてもらってください!

関節が入ると、予後は良好なので安心してくださいね。

 

日常生活においてお子さんの肘が抜けてしまうきっかけの多くは、

「お母さんが、お子さんの腕を引っ張った時」に起こります。

特にお子さんの掌が外に向いた状態で急に引っ張ると関節が抜けやすいです。

 

また、両親とお子さんで散歩をしている時って、「人間ブランコ」のようなことは

よくしますよね。(両親の手を握ってお子さんがぶら下がる)

あの時も、お子さんの掌が外に向いていると関節が抜けやすいので気を付けてくださいね。