ダイエット中に推奨される食べ物とダメな食べ物

IMG_0750

えこんにちは、にしかつら整体院スタッフの井上です。

ダイエットを担当しています。

 

ダイエットの時の食べ物って何を思い浮かべますか?

mark_checkbox1_redなるべくヘルシーな物。例えば豆腐、ひじき、納豆など。

mark_checkbox1_red野菜中心のメニュー。例えば山盛りのサラダ、肉無し野菜炒めなど。

mark_checkbox1_redカロリーが低い物。こんにゃく麺やカロリーオフのゼリーなど。

これらはダイエットにダメではありませんが、オススメではありません

 

それは何故なんでしょう?

ダイエットで少しでも体重を減らしたい、となったら

単純に食べ物のカロリーを減らそうと考えます。

カロリーが減れば、一瞬1㎏弱の体重は減るかもしれません。

ただそれは空腹感との闘いになります。

野菜やヘルシー食品だけでは栄養が偏りますし

腹持ちがよくないからです。

空腹感は我慢の限界を超えると、ドカ食いを誘発して

結果太ってしまいます。

ですからカロリーだけにとらわれていたらダメなんですね。

 

野菜や大豆食品の身体への栄養の吸収は、タンパク質を

一緒に食べることで倍増します。

特に動物性のタンパク質(肉)はエネルギー源でもありますし、

腹持ちや食事の満足感が得られます。

 

当院でダイエットをしているお客様に「お肉もしっかり食べてくださいね。」

とお話しすると「お肉を食べても良いんですか?」

とびっくりされます!

お肉=太ると思い込んでいるお客様がほとんどです。

 

ダイエットの食事で大事なのは、少量でも満足感と腹持ちが得られること。

それはタンパク質になります。

ダイエット中も肉や魚をしっかり食べることがおすすめです。

 

当院ではダイエットのカウンセリングの中で、お客様のお食事のアドバイスも

させていただいています。

お気軽にご相談くださいね。

ブログ3ヶ月-10Kg

 

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

京都市西京区ダイエットリンパバナー

京都市右京区西京区ダイエットバナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー