産後の骨盤の開きが残るとどうなるのか

 

 

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口のにしかつら整体院です。

 

 

今回は、産後の骨盤の開きについてのお話です。

 

 

にしかつら整体院に来院される出産後のお母さん方から

「産後の骨盤の開きを残したくない」という意見をよくお聞きします。

 

 

色々なところで産後の骨盤の開きは治さないといけない!と言われて

ご不安になられる方も多いかもしれませんが、

産後の骨盤の開きが残ってしまうとどのようなデメリットがあるのか、

どんな状態になってしまうのかということはあまり周知されていないかもれません。

 

 

ですので今日は、産後の骨盤の開きについて詳しく解説します。

 

 

まず、「産後の骨盤の開き」とは、厳密にいうと

世間一般で思われているような状態とは少し異なるかもしれません。

 

 

洛西桂川北区南区リンパマッサージ・花「開きっぱなしで戻らない」とは違います左京区下京区上京区リンパマッサージ・花

皆さんからお聞きする中に「開いたまま戻らないんじゃないかと不安」というものがありますが、

これは少し違います。

 

確かに、開いたまま元に戻らなくなるケースもありますが、

これは「恥骨結合離開」というもので

産後12週を過ぎても恥骨結合が6㎜以上離れている場合を指します。

この状態になると、歩行も困難なほどの激痛で、子供さんの抱っこや授乳もままなりません

ひどい場合は一時的に寝たきりや車いす生活になります。

骨盤

恥骨結合とは、上図の赤い丸の部分、前側の中央で骨盤が結合している部分のことです。

この部分は元々がほぼ動かない「不動関節」と呼ばれる部分で、

歯と歯茎と似たような結合のし方をしています。

 

そんな部分なので、6㎜というお米粒2~3つ分程度の離開でも

歩行が困難なほどの激痛につながってしまうのです。

 

どうして起こってしまうかというと、

吸引式の分娩や、突然のいきみ、胎児の大きさと妊婦さん本人の骨盤の広さによります。

分娩前にはきちんと計算をして普通分娩可能かは判断されますが、

急激な負荷がかかった際には起こりうることです。

 

 

おそらく、一般的に考えられる「開きっぱなしで治らなかったら怖い」は、

こういったことと混同されているケースも多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

洛西桂川北区南区リンパマッサージ・花時間が経てば治るは「半分本当」洛西桂川北区南区リンパマッサージ・花

これとは真逆に、時間が経てば治るよ~と言われたというケースもありますが、

これは半分事実で半分は違います。

 

実際、どうして骨盤が開くかというと出産に備えて骨盤が開きやすくなるために

リラキシンというホルモンが分泌されます。

これにより、骨盤周囲の靭帯が緩みます。

そうすると骨盤が開きやすくなるのです。

 

このリラキシンというホルモンは、出産後には分泌されなくなるため

靭帯の過剰な緩みはなくなってきます。

(過剰な緩みは消失しますが、完全に元に戻るかは個人差があり

6㎜以下で恥骨結合離開ではないものの完全に元通りでもないというケースは多々あります。)

 

 

ですので、ずっと骨盤の周囲の組織がゆるゆるな状態でいるわけではなく、

ホルモンの分泌が止まれば無くなる=時間が経てば治るというのは

ある意味間違いではありません。

 

ですが、ここには落とし穴があります。

 

そもそも、靭帯とは何のためにあるのかはご存知でしょうか?

 

靭帯とはコラーゲンを主体とした硬く強いもので、骨と骨を繋いで関節を作ります。

筋肉のように柔軟に伸び縮みはしませんが、若干の弾力性があります。

関節を安定させる(動いてはいけない方向にいくのを制限する、動く幅を制限する)作用があります。

 

どうして関節が過剰に大きく動いてはいけないかというと、

その周囲にある筋肉が伸びる限界を超えてしまうと、筋断裂をおこしてしまったり

近くを通る神経や血管を引き伸ばして傷つける可能性があるためです。

筋肉や神経、血管にも伸びる限界があるのです。

 

足首の捻挫の後なんかに「靭帯が伸びた」というのが問題になるのはこのためで、

足首周囲に過度な負担がかかりやすくなってしまうからです。

 

 

骨盤の周囲の靭帯などが緩むこと自体は出産に必要なことですが、

靭帯が緩むことにより、骨盤底筋やその周囲の筋肉、他の関節には負荷がかかります。

その時に負ったダメージは、ホルモンの分泌が止まっても無くなるわけではありません。

むしろ、その後は育児などで偏った使い方をしたり睡眠不足が続くため

更にダメージが蓄積するような形になります。

 

 

 

 

 

ですので、「産後の骨盤の開きは、いつまでも出産直後と同じような状態ではない」ですが

「出産前に開いた骨盤による、その周囲のダメージは残るので症状が出てしまう」

「6㎜以下で、なかなかその先が閉じ切らないという場合も多々ある」というのが

産後の骨盤の開きによるデメリットです。

 

 

ちょっと複雑なお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

にしかつら整体院では、産前からの骨盤に対してのダメージはもちろん、

出産後の骨盤や身体にかかるダメージに対して

骨盤矯正治療を専門でおこなっています!

 

恥骨痛、腰痛、骨盤周囲の不安定感や違和感など、

何かお困りの場合には一度ご相談くださいね!

 

 京都市西京区産後ダイエットバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL