産後の骨盤の緩みがもたらす悪影響とは?

 

 

 

こんにちは、京都市西京区 阪急桂駅西口のにしかつら整体院です。

 

 

産後の骨盤の開きや緩み、こういったことが気になり

当院のホームページを見ていただいている方も多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、産前・産後の骨盤の開き・緩みがどんな影響を与えるかについてのお話です。

 

産後の骨盤が開きっぱなしになることはありませんよという記事は以前にご紹介したことがあります。

 「産後の骨盤の開きが残るとどうなるのか?」

 

出産前にホルモンが分泌されて骨盤が緩くなりますが、産後このホルモンの分泌は止まります。

なので、骨盤が一生緩いままではないですが、その時におったダメージは蓄積したままですよというお話でした。

 

 

 

ですが、このお話を患者さんにすると

「骨盤の関節が緩くなると、何で悪影響なんですか?」と言われる方がとても多いのです。

 

関節の可動域が大きい(動く幅が大きい)というと、

なんだか良いことのように思われますが、実はそうではありません。

人間の関節にはそれぞれ適正な可動範囲があり、それよりも小さい場合も良くありませんが

実はそれよりも大きくてもダメな場合が多いのです。

 

 

そもそも関節とは、二つの骨が合わさって作られたところで様々な種類があります。

例えば肩だと球関節と呼ばれる種類で、文字通り玉のような関節です。

この関節の特徴は、関節部分が球状なため色々な方向に自由自在に動きます。

肩を動かしてみてもらうとお分かりになりますが、前後・上下・左右と自由に動くと思われます。

(身体が硬い場合や肩に問題がある場合を除いて)

 

他にも、肘のように曲げるか伸ばすかだけに特化した関節などもあります。

 

ですが、骨盤の関節はそのように広い範囲を動かすことを想定はしていません。

 

背面側の骨盤の関節(仙腸関節)は通常3~5㎜しか動かない関節で、外から見てもほとんど動きが分かりません。

ここはそもそも、背骨の動きや股関節を動かした時に負担を逃がすため微妙にしなる程度の部分で、大きく動くことはありません。

前側の恥骨結節と呼ばれる部分は更に動かない関節で、似たようなつくりだと歯と歯茎も同じような関節に分類されます。

骨盤

 

ですが、これが臨月~出産になると胎児が産道を通るため、関節を柔らかくするホルモンが分泌されます。

 

このように聞くと、

「骨盤や身体にダメージがかからないようになっているんだなあ、すごいなあ」

と思われがちですが、それは全くの間違いです。

最初にも言った通り、この「骨盤が緩い状態」は、身体にかなりのダメージがかかります。

 

 

関節には動いていい幅がある程度決まっていて、

それを超えてしまうと周囲の組織を過剰に引き伸ばして傷がついてしまいます。

なので、靭帯などで関節周囲を固定して緩くならないようにしています。

ですので、もしもこの固定している部分が緩くなってしまったら

周囲の筋肉や関節を包んでいる組織に負担がかかり続けてしまうのです。

 

本来なら土台になってしっかりと支えてくれるはずの骨格がグラグラとして頼りないのに、

お腹は胎児や羊水の重みで8㎏以上増しています。

それを周囲の筋肉でかろうじて支えていますが、妊婦さんの腹筋はほぼ機能していません。

(妊婦さんはお腹に力を加えてはいけない上に、お腹が大きくなって腹筋が常時引き伸ばされるからです。)

ですので、腰の筋肉や鼠経靭帯と呼ばれる足の付け根の靭帯で頑張って支えていますが、明らかにキャパオーバーです。

 

 

例えるなら、建物から中央にある大きな柱を引っこ抜いて、細い柱やワイヤー・壁だけで支えてね…というのと同じです。

 

 

しかも、この緩い状態は出産したらすぐに無くなるわけではなく、1~3ヵ月くらいは続きます。

 

 

なかなかの長期間、柱が頼りない状態で過ごさないといけないのはとても負担がかかることなのです。

 

 

産後この緩い状態がずっと続くわけではありませんが、約半年間の大きなダメージは残っています。

ですので、この期間に受けたダメージを早めに取り除いていくことが大切です。

 

 

にしかつら整体院は、こういったダメージを取り除く産後骨盤矯正専門院です。

出産後、以前と比べて身体が変わってきた、腰痛や恥骨痛、尾てい骨の痛みが出やすい、

すぐに疲れてしまうなどでお悩みの方はぜひ一度ご相談くださいね!

 

京都市西京区産後ダイエットバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

 

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL