帝王切開の方が骨盤はゆがみます

こんにちは!

京都市西京区 阪急桂西口にある産後骨盤矯正専門院のにしかつら整体院です。

 

 

今日は帝王切開での出産後の骨盤に関してのお話です。

 

 

みなさん、骨盤が出産の時にゆがんでしまうということはご存知だと思いますが、実は普通分娩よりも帝王切開のほうが骨盤のゆがみが起こりやすいという事は知っていましたか?

 

 

 

そもそも骨盤がゆがみやすくなるのは、出産前に骨盤の周囲の靭帯などを緩くするリラキシンというホルモンが分泌されるためです。

 

本来、骨盤の関節というのはほとんど動きません。背骨が動いた時、わずかにしなる位です。

でも、出産時は赤ちゃんが通らないといけませんので「仕方なく」緩くして、赤ちゃんが通るようにしています。

 

ただし、関節が緩くなると様々な問題が起こりやすくなります。

分かりやすくイメージすると、捻挫のようなことが起こりやすくなってしまうのです。

捻挫しやすいのに固定をしてないようなことを思い浮かべてください。

あまり良くないな…と思われるのではないでしょうか。

 

この困った状態は、リラキシンの分泌中はもちろん、リラキシンの分泌が止まっても少しの間(2~3ヵ月)続きます。

(リラキシン自体は2~3日で止まります)

 

では、何を合図にリラキシンの分泌が止まるかというと、大きな要素は「産道を赤ちゃんが通ること」です。

他には「子宮が縮んでいく」「授乳をする」なども挙げられますが、子宮が縮むのは少し時間がかかりますし、授乳が可能かどうか(順調かどうか)は個人差があります。

 

この「もう赤ちゃんは生まれたので、骨盤を緩くしなくていいですよ」という認識が少ないと、骨盤が元に戻るスピードが遅くなる確率が高くなるといわれています。

 

また、帝王切開の場合はお腹や腹筋に傷ができてしまうので、傷口をかばって体勢がくずれやすかったり、腹筋の筋力の回復が遅くなったりして、骨盤へ悪影響を及ぼします。

その結果、普通分娩よりも帝王切開の方が身体へのダメージが大きくなってしまいます。

(ただし、普通分娩がダメージが少ないというわけではなく、普通分娩はダメージ大、帝王切開はもっとダメージ大…のような感じです。)

 

 

通常分娩の場合は産後一ヵ月程度で会陰切開の傷が治ったら、産後骨盤矯正を受けていただくことが可能です。

帝王切開の場合は、腹部の傷が治って産婦人科さんの了承が得られましたら、治療ができます。

 

にしかつら整体院の産後骨盤矯正は、産後のデリケートなお身体にも負担をかけない矯正ですのでご安心くださいね(*^▽^*)

 

 

 

京都市上京区恥骨尿漏れ・花恥骨痛

左京区南区北区中京区産後骨盤矯正・花体型の変化

桂川長岡京向日市洛西恥骨尿漏れ・花お尻が大きくなってしまった

京都市西京区右京区産後骨盤矯正・花尿漏れ

京都市上京区恥骨尿漏れ・花腰痛

その他様々な症状が産後のお身体には出てしまいます。

お困りごとはもちろん、「これって出産後だから?」と疑問に思う事などにも丁寧にお答えしますので、にしかつら整体院にお気軽にご相談ください!

 

 

京都市西京区ダイエットリンパバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

 

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL