産後骨盤矯正でどれくらい細くなるの?

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口の産後骨盤矯正・整体専門院 にしかつら整体院です。

 

 

産後骨盤矯正をして細くなりたい、サイズダウンしたい、ズボンが履けるようになりたい!ということで来院される方がたくさんおられますが、皆さん腰回りやお尻が大きくなってしまった、太ってしまったなど体型の変化の理由は様々です。

 

大まかに分けるとこのような感じです。

 

①体重は変わっていないけどズボンが履けない・きつい

②体重も増えてしまったし、ズボンが履けない・きつい

③むしろ痩せたのにお尻や腰周りが大きく見える、ズボンが履けない・きつい

 

 

にしかつら整体院では、①~③、どのような方でもサイズダウンが可能です!

 

平均して3~5㎝は骨盤周囲がサイズダウンします。

(これ以上にサイズダウンする場合もあります)

5㎝変わると、服のサイズ自体が変わった!と喜ばれることも(*^▽^*)

あまり良くは無いですが、体重が増えたけどズボンは履けるようになったというケースも多々あります…(笑)

 

 

ではなぜこんなに変化が起こるかというと、にしかつら整体院の産後骨盤矯正は骨盤を締めるだけではなく、左右のゆがみや前後のゆがみを取り除くためです。

 

 

皆さん、よくイメージされるのがこの丸印の部分が「ぱかっと開いたまま元に戻らない」のでは?というものなのですが、実際はここは1㎜程度しか開いていません。むしろ、1㎜にも満たないかもしれません。

ここが4㎜以上開いたままだと、「恥骨結合離開」というようなもので、手術の対象になります。

歩くこともできないくらいの激痛で、車いす生活になってしまいます。

 

なので、一般的な産後骨盤矯正のように「骨盤を締める」という矯正だけでは、ほぼサイズに変化はありません。

もちろん、「締める」ということはとても大切で、数㎜でも大変な事態になる箇所ですからきちんと元通りにしなくてはいけません。

締めることにより骨盤底筋の働きが正常になり、内臓の位置や代謝が良くなりますので「痩せる」「サイズダウン」ということにも大変重要です。

 

ですが、これだけでは「痩せたのにお尻だけ大きい」のようなことは解消できないのです。

 

 

ですから、にしかつら整体院では、これに加えて骨盤の左右のゆがみ(右の方だけ上がってしまうなど)、前後のゆがみ(前に倒れすぎているなど)を治します。

 

この図のように、同じ形のものでも傾くことによって幅が大きくなってしまいます。

これが「痩せた(体重は元に戻った)のに…」の正体です。

 

この前後左右の傾きは、骨盤だけの問題ではなく背骨や姿勢のバランスから更に悪化しているケースも多々ありますので、骨盤だけではなく「骨盤に悪影響を与えている部分」を治療することも必要です。

 

 

このあたりは最初の検査で、どこにどれ位ゆがんでいるかをしっかり確認の上で治療をすすめます。

また、検査の結果はご説明しますので安心してくださいね(*^▽^*)

 

 

このように、産後の体型の変化にお悩みの方は、一度にしかつら整体院までご相談ください!

 

京都市西京区産後ダイエットバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL