★子どもが落ち着く抱っこのポイント★

こんにちは!阪急桂駅西口のにしかつら整体院です。

今回は、お子さんを抱っこする際のポイントについてお話したいと思います!

 

その前に、まずは人の身体の発達についてお話しますね(*^^*)

人の身体は、「上から下へ」という順番で発達します。

ですから、まず首がすわって、次に背中がすわり、腰がすわる、といった具合に身体がしっかりしてきます(*^▽^*)

 

おおよそ生後3ヵ月で首がすわります。

次に、4ヵ月頃で背中がすわり、8ヵ月頃には腰がすわります。

 

よく、「背中がすわるってどんな感じ?」と聞かれますが、

縦に抱いてみて、違和感なくしっかり抱けると感じたら

だいたいすわってきたというサインですので目安にして下さい(*^^*)

背中がすわる前に縦に抱くと、なんだかふにゃふにゃして抱きにくく感じると思います。

それは、重力に対抗するだけの筋力が発達していないからといわれています。

 

ですので、ずばり抱っこのポイントは、「4ヵ月までは横抱き」です(^^)!

なぜかというと、上にも書いたように4ヵ月までは背中がすわっておらず、

重力に対抗できる筋力がないため、縦に抱くと身体に余計な力が入り全身がこわばって緊張してしまいます。

そうなると、身体が後ろに反りやすくなったり、寝つきにくいという状況にも繋がる可能性があります(>_<)

横抱きにして身体を内側に丸めると、身体に余計な力が入りにくくなります。

これは、顎を引くと全身の筋肉が緩むという反射が存在するからです(*^▽^*)

外出時も、できるだけ横抱きの抱っこ紐か、ベビーカーをおすすめします。

 

けれど、すでに縦抱きに慣れてしまっていて、横にするとむずがって泣く!

というお子さんもいますよね(*^▽^*)

 

その場合、横抱きをしながら、お子さんの身体を縦や横に優しく揺らすように抱いてあげて下さい。

すると、最初は泣いていても、次第に力が抜けて落ち着いてきます(^^)/

これは、身体を「揺らす」ということが、脱力を促すという筋肉の反応を利用しています。

同様に、ベビーベッドの上などに仰向けで寝ている時にも、おへその上に手のひらを当て、

左右に優しく揺らしてあげて下さい。

こうすることで、日ごろから身体の力が抜けやすくなります。

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

月齢が進んで人見知りなどがはじまると、抱っこをすることがとても多くなると思います。

偏った体勢での抱っこが続くと腰痛の原因にもなりますので、

こちらの記事を参考に、抱っこするときの体勢にも気を付けてくださいね。

 

 

にしかつら整体院では、産後のお身体の治療だけでなく、

育児についてのお悩みやお困りごとでもお力になれればと考えています。

子育てセミナーや、相談会なども開催しておりますし

キッズスペースにいる保育士に気軽にご相談していただいても大丈夫ですよ。

 

産後のお困りごとはにしかつら整体院にお任せください!

 

京都市西京区産後ダイエットバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

 

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL