産後の骨盤のゆがみのサインとは?

こんにちは、京都市西京区 阪急桂駅西口の産後骨盤矯正専門院 にしかつら整体院です。

 

 

出産後の骨盤の開き、ゆがみが気になる。

出産前にはこんな症状はなかったのに…というお話をよくききますが、産後の骨盤のゆがみ・開きと呼ばれるもののサインは様々です。

 

では、どんなサインが出たらよくないのか、理由と共にご紹介いたします。

 

 

尿漏れが産後1ヵ月を過ぎても残る

妊娠後期~臨月には骨盤が大きく開き胎児も大きくなるので内臓が圧迫され、骨盤底筋には力が入りにくくなります。

そうするとどうしても膀胱が圧迫されやすくなり尿漏れが起こってしまいます。

ただしこれは出産をしてしまえば徐々に治まるのが通常で、産後1ヵ月を過ぎても尿漏れが残ってしまうようでしたら、骨盤のゆがみなどの理由から、骨盤底筋が弱ったままになっている可能性が高くなります。

 

 

・体重をかけると不安定・グラグラする、踏ん張れない

ぐっと踏ん張る、床から立ち上がる、小走りをするなど「体重がぐっとかかる時」グラグラする、または力がかかりにくいと思うこともゆがみのサインです。

例えば、前側にある恥骨関節ですと、数㎜離開したままだと車椅子生活になるほどの大ごとになります。それくらい骨盤は本来はガッチリはまっていて欲しい関節が多いのです。ですが、これは出産の際にはガタガタ・グラグラになってしまいます・

ですので、少しのゆがみでも力をかけにくくなるです。

 

 

・体重はそこまで増えていないのにズボンがはけない

5㎏以上体重が増えたままならまだしも、体重は元に戻っているけれどズボンがきつい、はけないならば骨盤のゆがみが大きい可能性があります。

例えば、腰がぐっと前に反った状態になってしまったままですと、ズボンが必要以上にキツく思われるケースが多々あります。

5㎏以下の体重の増加でズボンが上がらないレベルでしたら、骨盤のゆがみを疑った方がいいかもしれません。

 

 

・妙に足を組みたくなる、あぐらが心地いい

足を組みたくなるのは、骨盤の左右の高さに差が生じている時のサインです。

また、あぐらをかくと骨盤に対して開くような力がかかるため、これもまた開き気味のサインになります。

気付いたらついついこの体勢になっている、やりやすい側とやりにくい側がある…という場合は注意が必要です。

 

 

・股関節付近がおかしい

股関節は骨盤に直接くっついている部分になりますので、当然骨盤のゆがみの影響を強く受けることになります。

股関節付近に体重をかけるのがつらい、ゴリゴリと音が鳴る、歩いているうちに違和感などが増すなどがあれば、骨盤にゆがみがあることを疑った方が良いでしょう。

 

 

どうでしょうか?

いくつも当てはまるという場合はかなり注意ですし、1つ当てはまる場合でも産後の骨盤の開き・ゆがみが発生している可能性があります。

 

産後の骨盤の状態を知りたい、という方はにしかつら整体院まで一度ご相談くださいね!

 

 

 

京都市西京区ダイエットリンパバナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー