産後太りはなぜ起こる?

こんにちは!にしかつら整体院の上山です京都市西京区右京区ダイエット・花

当院に来られるお母さんのお悩みの、「妊娠中から産後にかけての体重の増加」「体型の変化」

出産後も体重が戻らなかったり、体型が崩れていくと不安になりますよね。

今回は産後太りと体型が崩れる原因についてご説明をしていきます。

 

産後太り・体型の変化の原因

 

①骨盤のゆがみ

妊娠中に骨盤がひらくのはリラキシンというホルモンが影響しています。

ホルモンのよって骨盤が緩み産道をひろげ出産を助けます。

ですので、出産で骨盤が歪んでいない方はいないのです。

骨盤がひろがることで、骨盤内膣に臓器が落ち込んでいきます。

こうなると血液の循環も悪くなり新陳代謝の低下、産後はすぐに動いたり運動することもできません。

その結果脂肪の代謝が進まずなかなか痩せないのです。

骨盤が開いた状態は、腰回りから太ももにかけて幅をだします。

この骨盤の開きがズボがはけない要因の一つになっています。

 

②妊娠中に溜まった脂肪

妊娠中はホルモンの影響で脂肪をためこむ身体になっています。

産後のお母さん方の体脂肪率が高く出るのはこういったことからです。

妊娠期間中の運動不足やリンパの滞り、むくみ。

身体の老廃物が溜まっていくことで脂肪細胞のまわりを包み肥大化してしまいます。

 

 

③お腹のたるみ

妊娠期間中、赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も比例して大きくなります。

その影響でお腹の皮膚はひきのばされています。

出産をするとお腹はもとに戻りますが、皮膚はたるみが残ってしまいます。

 

④バランスの悪い食生活

妊娠中はバランスの整った食事がとれていても、出産後は赤ちゃんのお世話で

なかなか思うようにゆっくり食事がとれません。

ついつい、食べやすいおにぎりやパンなどの炭水化物中心の食事メニューになり

野菜類などが以前よりもとれなくなります。

炭水化物や脂質が多い食事は体脂肪率の上昇、便秘の原因にもなり体重が増えやすくなってしまいます。

 

 

赤ちゃんを身体の中で育て出産するということは、

身体を母体へと変えて出産をする大仕事です。

 

産後太り・体型の変化の要因として、上記をあげていますが

どれも事前に対策をして防ぐことができるものではありません。

ですが、その後どのように身体を変えていくかの方が大切です京都市西京区右京区産後骨盤矯正・花

 

 

当院では、患者さんのお身体やお悩みに合わせた治療を提案しています。

左京区下京区上京区リンパマッサージ・花まずはお気軽にご相談くださいね京都市西京区右京区リンパドレナージュ・花

京都市西京区産後ダイエットバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL