産後によい座り方は?

こんにちは、京都市西京区 産後骨盤矯正専門院のにしかつら整体院です。

 

 

 

お家で産後の骨盤に対して、何かできれば…と思われる方は多くいらっしゃいます。

ですので、今回は産後にいい座り方に関してお話します。

 

 

産後に一番いい座り方は、正座です。イスに座る場合は、脚を組まずにまっすぐ座って下さい。

他の座り方は、骨盤に色々と悪影響があります。

 

 

・床に横座り(お姉さん座り)する

京都市西京区産後整体画像

骨盤の右左どちらかが上がった状態になり、左右差が大きくなってしまいます。

腰やお尻の筋肉にも左右違った負荷がかかります。片一方は引き伸ばされて、もう片方は圧迫されます。

脚を右側に出すのと、左側にだすのと。左右でやりやすい方とやりにくい方がある人は要注意です。

そういう場合は、既に骨盤の左右差が出ている可能性が高いです。

 

 

・膝を曲げた状態でペタッと座る(女の子座り、アヒル座りのような状態)

京都市西京区産後整体

股関節、膝、骨盤、背骨、全てに悪影響です。

脚の変形を起こす可能性もありますので、産後の方に限らずお子さんにもさせない方がいいです。

 

 

・あぐら

京都市西京区産後整体画像

骨盤を開く方向に力がかかりますので、臨月の際にはいいのですが産後には悪影響になります。

ヨガやストレッチでこういったポーズを取るのは問題ありません。(一時的なことなので)

骨盤を締めたい!という方は、極力控えるようにしてください。

 

 

・大きなビーズクッション

姿勢を保ちにくくなります。

真っすぐでもなく、寝ているわけでもなく…という体勢は、腰にかなりの負担をかけます。

また、骨盤の前後にのゆがみを悪化させたり腹筋を弱らせたりします。

それであれば、いっそのこと寝てしまった方がお身体への負担は少なくなります。

 

 

・三角座り(体育座り)

京都市西京区産後整体画像

一見悪くないように思えるのですが、骨盤が後ろに倒れやすくなります。

骨盤をしっかり立てた状態で座ろうと思うと、腹筋をかなり使わないといけなくなるのでかえってしんどいです。

長座といって、脚を完全に伸ばすような座り方も同じで、骨盤を立てると腹筋がしんどくなりやすいです

(悪い事ではないですが、腹筋が弱い人は筋トレのような状態になるかと思います)

 

 

 

三角座りとクッションは、座り方を気を付けてもらえればまだマシですが、「横座り」「女の子座り」「あぐら」は産後の方は特に避けた方がいいでしょう。

 

「イスに足を組まないで座る」「正座をする」の2つが一番オススメです。

正座がしんどい方は、正座イスを使ってもらうのがいいです。

正座イスが無い場合は、タオルケットやバスタオルなどをロールケーキみたいに丸めてもらって、それをお尻の下に入れると簡易の正座イスになります。

 

ぜひやってみてくださいね!

 

京都市西京区産後骨盤矯正施術詳細バナー

京都市西京区産後骨盤矯正予約バナー

京都市西京区産後骨盤TEL