産後、恥骨痛はなぜ起こる?

産後骨盤矯正お喜びの声

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口の産後骨盤矯正専門院にしかつら整体院です。

 

今回は出産後のお悩みによく起こる恥骨痛に関してのお話です。

 

出産後に恥骨痛で歩いたり座ったりが困難だという方は多くいらっしゃいます。

ただでさえ新生児さんの抱っこや授乳で大変なのに、恥骨痛まであると、もうお手上げ!

と当院に来られるお母さん方からよく言われます(^_^;)

 

 

そもそもどうして恥骨痛が出てしまうかというといくつかの理由があります。

 

京都産後ダイエット星青骨結合部の軟骨が損傷してしまった

出産時に何らかの理由で急激に恥骨部に負荷がかかり、脱臼に近いような形になってしまうことがあります。

例えば吸引分娩など、強い力がかかった場合。

また、胎児が大きすぎた場合。そして急ないきみによるものです。

 

京都産後ダイエット星青出産時に骨盤が緩むから

出産時には骨盤の周囲の筋肉や靭帯を緩めるホルモン(リラキシン)が分泌され、そのおかげで骨盤が開いて赤ちゃんが通りやすくなります。

通常、恥骨結合部は3㎜程度の関節ですが、出産時には1~2㎝にも広がります。

そして、恥骨結合というのは左右の骨盤が前側で合わさる関節なのですが、不動関節と呼ばれるほど、もともとほとんど動きません。

(他に、歯と歯茎や頭蓋骨の一部などにも不動関節と呼ばれるものがあります)

動かないものが1~2㎝動いてしまうと、必要な事とはいえ周囲の筋や靭帯は大ダメージです。

ホルモン分泌で動きやすくなるよう緩めているといっても、全く平気なわけではないのです。

 

京都産後ダイエット星青出産前から偏った動き方のクセがあった

出産後、恥骨結合はすぐに元にもどるわけではなく、数ケ月の時間をかけて元に戻ります。

出産後は非常にデリケートになっているのです。

そこへ、もともとの動き方の悪いクセなどで骨盤に対してゆがんだ力のかかり方をすると、更にダメージを受けたり元に戻るのを阻害してしまいます。

また、骨盤の後ろ側の関節と比べて接合部の面積が小さい為、ズレが起こると一気にその部分に負荷がかかりやすくなってしまいます。

 

 

恥骨痛のやっかいなところは、レントゲンでは発見しにくいことです。

よほど大きく離開したままになっていない限り、レントゲンには写りません。

その上、そもそも不動と呼ばれる関節なので少しのズレがあるとその分問題が起こりやすくなってしまいます。

加えてそこに睡眠不足や抱っこ・授乳などと偏った身体の使い方による負荷がかかると激しく痛みが出てしまっても無理はありません。

 

 

産後直後~1ヵ月くらいは多くの方に起こり得る恥骨痛ですが

1ヵ月を過ぎても痛みが変わらない、むしろ痛みが増しているという場合には骨盤矯正などの施術をおこなった方が良いかと思います。

 

 

出産後の恥骨痛でお悩みの方に、当院では専門で骨盤矯正をしております。

お悩みの方は一度ご相談くださいね!

産後骨盤矯正 詳細

京都 産後骨盤矯正 ネット予約

京都 産後骨盤 保育