産後に骨盤はなぜ歪むのか

 

 

こんにちは。

京都市西京区 桂駅西口にしかつら整体院です。

暑い日が続きますね

今日は骨盤のお話です。

 

 

出産後、様々な身体の症状で悩んでいる方が多いと思います。

例えば

どんどん腰痛がひどくなる

仙骨や恥骨の痛み

股関節の痛み

むくみで足がパンパン

以前はいていたズボンがはいらない

太りやすくなった

体型が戻らない

便秘がちになった

産後に生理痛がひどくなった

 

これらの原因は「骨盤のゆがみ」が原因かもしれません

 

なぜ妊娠、出産で骨盤が歪んでしまうのでしょうか?

 

それは「リラキシン」というホルモンが大きく関係しています。

分泌されるのは妊娠後期と出産後しばらくの期間です。

 

「リラキシン」の主な働きは

恥骨結合の弛緩

仙腸関節の弛緩

 

わかりやすく言えば靭帯や関節結合を緩め

出産時に「骨盤口」を広げ産道を確保し

出産をスムーズにしようということです。

 

ただこの「リラキシン」の作用により妊娠中から

様々な症状を引き起こします。

 

出産間近でお腹がお腹が重くなると腰を反らしたり

足先を外側にひらいてペンギンのような歩き方になっていませんか?

 

出産前から赤ちゃんの重さで骨盤が開いてしまったり

骨盤底筋群と呼ばれる骨盤の底を支える筋肉に負担をかけ

骨盤に大きな負担をかけてしまい

「骨盤のゆがみ」を引き起こしまいます。

 

出産後にリラキシンの分泌は減少しますが

「骨盤のゆがみ」が自然に正しい位置に戻るとは限りません。

私の経験から

どんどんひどくなる腰痛や反り腰で歩いている方は

一度自分のわき腹を手でつかんでみて下さい。

筋肉に痛みを感じたり固く盛り上がる感触がありませんか?

そういう人は要注意です。

 

いつか改善するとほっておくと症状が慢性化することもあります。

早めに対処しましょう。

 

 

京都市西京区産後ダイエットバナー

京都市右京区産後骨盤矯正バナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー

京都市右京区西京区産後骨盤TEL