産後1年以上経過していても産後骨盤矯正は受けられる?

産後骨盤矯正専門

こんにちは!京都市西京区にある産後骨盤矯正専門院のにしかつら整体院です。

 

今回は出産後1年以上経過した状態の骨盤は正しい骨盤の位置に戻ることが可能か

歪みは改善するのかということについてをテーマにしていきたいと思います。

 

まずは出産後の骨盤の状態について、順番に説明しますね。

京都子連れ骨盤矯正星橙出産後すぐ(1ヶ月以前)

出産後すぐ(1ヶ月以前)は赤ちゃんを出産するための骨盤が大きく開いた状態であり、骨盤がぐらぐらした状態にあります。

ただし、骨盤の安定感がないため矯正をするには少し早い時期でもあります。

 

京都子連れ骨盤矯正星橙出産後3ヶ月

出産後3ヶ月の骨盤はホルモンなどの影響で骨盤はまだ開いた状態になっており、だんだんと骨盤が閉まっていく段階になります。

また、その時期は骨盤をつなげる靭帯が緩くなっています。

そこに対して骨盤が正しい位置にしまっていくように矯正をしていきます。

靭帯が緩くなっており、骨盤が開いているのできれいに矯正をできるので正しい位置に戻りやすい傾向にあります。

 

京都子連れ骨盤矯正星橙出産後6ヶ月の方

出産後6ヶ月の骨盤は出産後3ヶ月の骨盤と比べると骨盤がしまっている状態になります。

また靭帯もゆるみがなくなっていき、徐々に固くなっていく段階でもあります。

そのため一日でも早く矯正をしていくことが必要になります。

 

 

そして今回のテーマである出産後1年を超えた骨盤について。

 

出産後1年を超えた骨盤は、個人差もありますが骨盤がしまっている状態になります。

一見、骨盤がしまっているので良いのではないのかと思われる方もおられるとは思いますが、

このしまっているというのが、どのようにしまっているのかが大事になります。

中には綺麗にしまっている方もおられますが、多くの方が骨盤がずれてしまったままの状態でしまっています。

その場合、骨盤周囲の痛み・体の不調・体重が戻らない・体型が戻らないなど出産後の悩みがそのまま継続していくことになっていきます。

この際の矯正については、まだ骨盤の緩みがあって締められる範囲があれば産後骨盤矯正でお身体を診ていきます。

ただし、骨盤がずれた状態でしまっている場合であれば、産後骨盤矯正とは別の矯正で、骨盤をしめるとは別に骨盤の歪んだ場所に対しての矯正を行なっていきます。

 

出産後1年以上経過した状態の骨盤は正しい骨盤の位置に戻ることが可能か、歪みが改善するかについての結論としては

可能であり改善するといえます。

ですので産後1年以上経過しているしもう無理かな、、、とお困りの方でもあきらめずに一度ご相談くださいね。

 

産後骨盤矯正 詳細

京都 産後骨盤矯正 ネット予約

京都 産後骨盤 保育