腰痛にならない抱っこの方法とは?

京都産後骨盤

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口の産後骨盤矯正専門にしかつら整体院です。

 

 

産後のお母さん方のお悩みのトップに、子供さんを抱っこしている時やその後の腰痛があります。

とは言え、抱っこをしないわけにもいかないのが困ったところですよね(+_+)

 

そこで、今日は京都子連れ骨盤矯正星橙腰痛になりにくい抱っこのポイント京都子連れ骨盤矯正星橙をお教えします!

産後骨盤矯正専門

まずは、横向きの姿勢を確認しましょう。

写真のように、横から見た時に耳~肩~股関節~膝~くるぶしが、なるべく一直線上に並ぶのが正しい立ち姿勢です。

 

正しい立ち姿勢とは、見た目はもちろん身体に負担をかけにくくなるので、肩こりや腰痛も防止しやすくなります。

保育士常駐 無料託児

ですが、抱っこをしている時に多いのはこのような姿勢ではないでしょうか?

腕だけの力で子どもさんを持ち上げられないので、お腹を突き出して骨盤に乗せるようにしている方が多いかと思います。

 

これは一見楽なように思えるのですが、実際は腰の下の方に過剰な重みが加わってしまい腰痛を悪化させてしまいます。

 

産後ダイエット

また、この写真のように片側の骨盤に子供さんを乗せた状態も避けてもらいたい抱っこのひとつです。

何かちょっと用事をする間に仕方なく…なら良いのですが、

この状態が長くなると片側の腰ばかり捻ったような状態になってしまいますので腰痛やひどいとぎっくり腰に発展することも…。

 

 

ですので、腰痛にならない抱っこは

京都産後ダイエット星青腰を反らさない

京都産後ダイエット星青片側の骨盤に子供さんをひっかけない

この2つがポイントになります。

 

ですが、これをやると腕に負担がかかって疲れてしまいますよね。

その場合は、抱っこ紐をお家の中でもなるべく使用するようにしましょう。

抱っこ紐の着脱は少し手間ではありますが、変な負担がかかってしまうことは防ぎやすくなりますのでなるべく使用してみてください(*^_^*)

 

もし安静にしていても腰痛が酷いという場合は、にしかつら整体院までご相談くださいね!

産後骨盤矯正 詳細

京都 産後骨盤矯正 ネット予約

京都 産後骨盤 保育