産後太りはなぜ起こる?

こんにちは!京都市西京区 阪急桂西口にある産後骨盤矯正専門院 にしかつら整体院の上山です。

 

 

当院に来られるお母さんのお悩みの中でも多い、「妊娠中から産後にかけての体重の増加」「体型の変化」。

 

出産をしたら体重が落ちるかと思いきや戻らなかったり、体型が崩れていくと不安になりますよね。

けれど、妊娠中・出産後、授乳中なんかはダイエットや食事制限などはできませんよね。

今回は産後太りと体型が崩れる原因についてご説明をしていきます。

 

 

 

産後太り・体型の変化の原因

 

骨盤のゆがみ

妊娠中に骨盤がひらくのはリラキシンというホルモンが影響しています。

ホルモンのよって骨盤が緩み産道をひろげ出産を助けます。

(帝王切開の方もリラキシンは同じように分泌されますので、普通分娩より帝王切開の方が開きがマシ…というわけではありません)

ですので、出産で骨盤が広がっていない方は、ほぼいないのです。

骨盤が広がることで、骨盤内膣に臓器が落ち込んでいきます。

こうなると血液の循環も悪くなり新陳代謝の低下します。

また、産後はすぐに動いたり運動することもできません。切迫早産の方なんかは、もっと早くから安静が続いてしまいます。

その結果、代謝が落ちてしまい体重が落ちにくくなってしまいます。

 

 

腹筋、インナーマッスル、骨盤底筋の低下

妊娠中はお腹が大きくなり、腹圧がかけられなくなります。

また、重くなった子宮のせいで骨盤底筋を圧迫します。

その結果、どうにかバランスをとるために腰を後ろに反らして体勢を保とうとします。

↑この画像のような状態です。

ただしこの姿勢は、お尻や太ももの内側の筋力をほとんど使わない姿勢です。

お尻や太ももの内側の筋肉、腹筋や骨盤底筋などは骨盤を締めるのには重要です。

このあたりが使用できていないと、脚が外に開きやすくなり、骨盤を締めるのに妨げとなってしまいます。

また、お尻が垂れたり下腹がポコッと出てしまう原因にもなります。

 

 

お腹のたるみ

妊娠期間中、赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も比例して大きくなります。

その影響でお腹の皮膚はひきのばされています。

出産をするとお腹はもとに戻りますが、皮膚はたるみが残ってしまいます。

表皮だけでなく真皮や皮下組織も引き伸ばされますが、元に戻るには半年以上かかるといわれています。

 

 

食事バランスの乱れ

妊娠中はバランスの整った食事がとれていても、出産後は赤ちゃんのお世話で

なかなか思うようにゆっくり食事がとれません。

ついつい、食べやすいおにぎりやパンなどの炭水化物中心の食事メニューになり

野菜類などが以前よりもとれなくなります。

(母乳指導などで、炭水化物を多く摂取するよういわれる方もいらっしゃいますよね(+_+))

ですが、炭水化物や脂質が多い食事はどうしても体重が増えやすくなってしまいます。

授乳をしていると水分量なども不足しやすくなりますが、これも体重の増える原因となります。

人により若干の差はありますが、1リットル以下しか水分摂取を出来ていない場合、授乳中であればかなり水分が不足していますので要注意です。

 

 

 

赤ちゃんを身体の中で育て出産するということは、身体にとても負担のかかる大仕事です。

 

産後太り・体型の変化の要因として、上記をあげていますが

どれも事前に対策をして防ぐことが難しいことばかりです。

(ご本人さんのせいではないことがほとんどだと思います。)

ですが、その後どのように身体を変えていくかの方が大切ですし、施術をすることでカバーできます(^^)/

 

 

当院では、西京区の産後骨盤矯正専門院として、産後のお母さんたちのお身体やお悩みに合わせた施術を提案しています。

まずはお気軽にご相談くださいね!

 

 

 

京都市産後骨盤矯正施術詳細バナー

京都市右京区西京区産後骨盤バナー