骨盤のグラグラ感の原因は

こんにちは、京都市西京区 阪急桂駅西口の産後骨盤矯正・産後ケア専門院のにしかつら整体院です。

 

 

今回は骨盤がグラグラすることについてのお話です。

 

産後、骨盤が不安定、グラグラするということはありませんか?

・踏ん張ると、上手く力が入らない

・歩いていても何だかグラグラ、ふわふわした感じがする

・腰が砕けそうな、骨盤がばらばらになりそうな感じがする

…といったことをよくお聞きします。

 

骨盤の不安定感、グラグラ感は産前~産後で原因が変わってきます。

まず、骨盤の関節はほとんど動きがありません。

レントゲンで写しても、関節が動く様子はおそらくわからないでしょう。

 

 

 

 

・産前の場合

出産に向けて骨盤の関節(仙腸関節、恥骨結節)が緩くなってきます。

これはリラキシンというホルモンの作用です。

普段は関節をがっちりと留めている靭帯を柔らかくする作用があり、このおかげで骨盤が開いて分娩が可能になります。

この時期は骨盤がどんどん緩くなり、子宮内部の重みも増してくるためバランスも悪くなり、不安定な骨盤そのものへも負荷がたくさんかかります。

対処法としては、腹帯のようなベルトを使用してお腹の重みを分散するようにすることが最もメジャーです。

 

 

・出産直後の場合(産後1ヵ月以内)

出産直後は骨盤の関節や周囲の靭帯・筋肉にかなりのダメージがかかっている状態です。

その上まだゆるゆるなので、例えるならば「きつい捻挫をしている」のと似たようなものです。

ですから、包帯で固定するように骨盤ベルトやサポーターで固定してあげるのが理想です。

(帝王切開などでベルトが傷に擦れて痛む場合は無理をしないでください)

 

ただ、骨盤ベルトはあくまで「ダメージのかかった関節の保護」を目的としています。

「骨盤のゆがみを取る」「痩せるため、サイズダウンのため」という効果はありませんのでご注意ください。

寝ている時に使用すると血行を悪くしてしまいますので、起きている時だけで構いません。

また、いつまでも長期にわたって使用をすると筋力の衰えにつながることがあります。

 

 

 

・産後1ヶ月以降の場合

出産直後のがたがた、ゆるゆるの状態は治まりつつあります。

骨盤の関節や靭帯も固まろうとしていますが、正しい位置で固まるかどうか、きちんと締まった状態で固まるかはまた別問題になります。

つまり、良い位置で固まる可能性もあれは、悪い位置で固まる可能性もあるということです。

この時点でのグラグラ感は、骨盤がゆがんだ状態にありますよというサインです。

骨盤の不安定感が1ヵ月検診の後も残るようでしたら、自然に改善する可能性は低いと思われます。

痛みやグラグラするというような「感じ方」は慣れる場合があります。

なので、この後痛いのがマシ・グラグラ感がマシになった=改善した…ではなく単に感じ方が鈍くなっただけのことの方が多いでしょう。

もうこの時期に骨盤ベルトをつけても、あまり良い影響はありません。(ギックリ腰のような状況は除く)

ですから、買い替えや新しい物の購入は特にはいらないかと思います。

 

 

 

・産後8ヵ月以降

産後骨盤矯正の理想としては、産後8ヵ月までに施術が終了することです。

なぜなら、この段階になると出産前のホルモンの影響はほとんどなくなり、骨盤の関節も元の硬さに戻りつつあります。

骨盤が緩いというのは良くない状態ですが、同時に動かしやすいチャンスでもあります。

ですが、通常よりも大きくずれた状態で元に戻ったりすると、施術の効果が出るのに時間がかかることがあるのです。

この時点で骨盤が不安定な感じがしたり、体型の崩れが残っていると、悪い意味でゆがみなどが定着してしまったと考えていいでしょう。

関節のズレ、骨盤のゆがみにともなう筋力の低下、皮下脂肪がつきやすくなってしまった等など。

自然に改善ことはまず難しいので、なるべく早めの施術を受けた方が良いです。

 

 

産後だけかな?と思われた骨盤のグラグラ感、不安定感は骨盤のゆがみのサインです。

お困りの方は、早めにご相談くださいね(*^_^*)

 

 

 

京都市西京区産後骨盤矯正施術詳細バナー

京都市西京区産後骨盤矯正予約バナー

京都市西京区産後骨盤TEL