悪い座り方で、骨盤は歪みます! ≪京都の産後骨盤矯正 にしかつら院ブログ≫

こんにちは!

京都市西京区 阪急桂駅西口の子連れOKの産後骨盤矯正専門院 にしかつら整体院です。

今日は長岡京市から来られた患者さんからの質問で、育児中の正しい座り方についてお話します。

 

 

間違った姿勢で育児を行えば、筋肉と骨格は歪んでしまいます。

そうすると、肩や腰がどんどん悪くなってきてしまいます。

育児中は身体が疲れているので、正しい姿勢をとるのはしんどいですが、

悪くならないためにもしっかり意識して座るのがおすすめです!

 

京都産後ダイエット星青【悪い座り方】

膝を開いて、浅く、背もたれに「でーん」ともたれるのは、たしかにすごく楽です。

しかし、骨盤が後ろに傾き猫背を増長するばかりでなく、バストが垂れる原因にもなります。

 

京都産後ダイエット星青【正しい座り方】

お尻を閉めて、坐骨(座るときに椅子とあたる骨)を真ん中に寄せるように意識して深く腰掛けます。

腰をまっすぐ起こして背すじをピンと伸ばし膝を閉じます。

この時、腰が反らないように下腹部を引込めて腰を立てるように座ります。

 

また、あぐらや体育座り、立膝のような座り方は人気なのですが、あまりおすすめはしません。

これらは骨盤のゆがみを悪化させますので、なるべく避けてください。

 

京都市内で産後骨盤矯正をお探しの方は、子連れOKなにしかつら整体院まで!!

 

にしかつら整体院おすすめの施術メニュー

京都市西京区産後ダイエットバナー