産後骨盤矯正専門の整体院

子どもの抱っこについて≪京都の産後骨盤矯正専門院 にしかつらブログ≫

子どもの抱っこについて≪京都の産後骨盤矯正専門院 にしかつらブログ≫

こんにちは京都産後骨盤矯正星桃

京都市西京区桂 産後骨盤矯正専門院にしかつら整体院の保育士です(*^_^*)

 

みなさんのお子さんは抱っこが好きですか?

好きすぎて離れない(+_+)

という親御さんも多いかもしれませんね。

 

また、横抱きをすると泣いてしまう、縦抱きだと機嫌もよく落ち着いてくれる、とお子さんをお預かりするときによく耳にします。

縦抱き抱っこに慣れているお母さん・お子さんが最近は多いように感じられます。

 

今回は人間の身体の成長とともに子どもの抱っこについてお話していきたいと思います(*^_^*)

 

 

京都産後ダイエット星青生後3ヵ月までのお子さん京都産後ダイエット星青

首がグラグラとしていてまだ自分の力では支えることができません。

首が座っていない 時期ですね。

横抱きにして、首を腕や手で支えてあげることが大切です。

 

京都子連れ骨盤矯正星橙生後3ヵ月から4カ月京都子連れ骨盤矯正星橙

首が座りはじめて首を動かせるようになり、縦抱きにしても首がグラグラすることは少なくなります。

しかし、縦抱きにすると背中が反りかえってしまうことがあります。

身体が後ろへ反りかえると、その不安定な姿勢を支えようとして筋肉がこわばり、身体に余計な力が入ってしまう可能性が高いです。

また、赤ちゃんの背骨はまだ大人のようにS字カーブではなく、Cカーブです。

ですので、抱いている時も背骨のCカーブにそって丸く抱くことが大切です。

そのためこの時期は、まだ横抱きが理想です。

 

京都産後骨盤矯正星桃生後5ヶ月から6ヵ月京都産後骨盤矯正星桃

背中がすわりはじめて背すじがまっすぐ伸び、うつぶせになった時に肩から持ち上げられるようになります。腰はまだすわっていませんが、背中がしっかりしてくるので、縦抱きで安定していきます。

ただこの時も、上体が後ろへ反らないように、背中はCカーブに沿って丸くなるように心がけてください。

お子さんの足の形をカエルの足のように開くと、丸く抱きやすいですよ(^.^)/

 

京都産後ダイエット星青生後7カ月から8ヶ月京都産後ダイエット星青

腰がすわりはじめる時期ですね。

抱っこに安定はありますが、お子さんも大きく成長して抱っこがしんどくなってきますよね(^_^;)

 

縦抱きにすると腕の負担を軽減できますし、片手があいて親も動きやすく子どもの機嫌も良い。

良いとこづくしですが、少しお子さんの成長過程にも目を向けて

背中が後ろへ反っていないかな?

Cカーブに沿って、丸く抱けているかな?など

少し意識を向けるだけでも違ってくるので試してみて下さいね。

 

 

お子さんの抱っこは大きくなってからの情緒の安定にもつながります。

ですので、いくつになってもいっぱいしてあげるのが良いと言われています。

そのためには親御さんの姿勢や歪みもきちんと治し長い目でお子さんの抱っこにかかわっていきたいですね(^-^)

 

身体の悩みはもちろんですが、お子さんの事・育児についてなども気になることや心配事がありましたらお気軽に当院の保育士にお声かけくださいね(*^_^*)

 

京都産後骨盤矯正 詳細

京都 産後骨盤矯正 ネット予約

京都 産後骨盤 保育

 

 

Contact

メールやお電話でお気軽にお問い合わせください

営業時間

  • 月曜日~金曜日:午前:09:00~14:00、午後:17:00~20:00、 水・土曜日:9:00~13:00、休業日:日曜・祝日

住所

  • 〒615-8074 京都府京都市西京区南巽町154-3

  • 阪急「桂」駅 徒歩3分