産後、座ると尾てい骨が痛い人へ

女性治療師在籍

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口の産後骨盤矯正専門にしかつら整体院です。

 

当院では産後骨盤矯正を専門におこなっていますが、その中で「出産後から座ると尾てい骨に痛みがある」というお悩みをよくお聞きします。

 

思い当たる方はいらっしゃいますか?

 

出産後の尾てい骨の痛みを訴える方は多くおられます。

今回はどうして尾てい骨が痛くなるのかについてお話します。

 

 

まず、尾てい骨というのはこの部分です。

尾てい骨

字の通り、尻尾のように骨盤の先についている部分です。

この部分はほとんど筋肉が無い部分で、皮膚のすぐ下に骨がありますが内側に若干カーブするような形になっているので、指でぐっと押し込んで触らない限り基本的にどこかに当たったりすることはありません。

強く尻もちをついたり、どこかからの転落や事故などで骨折する場合がありますが、傷めたりするのはそういった不慮のケガが多い箇所です。

 

ですので、尾てい骨が座った時に痛いというのは、座った際に床やイスと尾てい骨が当たってしまっていることが原因です

坐骨

通常は、座った時に床やイスと当たる部分はこの坐骨という場所です。

坐骨は元々体重をのせても大丈夫な設計になっていますから、普通に座る分にはOKです。

(極度に体重が重い場合は除きます)

 

ですが、骨盤のゆがみから姿勢の崩などが起こっている場合は尾てい骨の方が先に当たるようになってしまいます。

本来、体重を支えるような場所ではありませんから、ここに体重がかかると一気に痛みが出やすくなってしまいます。

イメージとしては、足の指だけに全体重をかけて立ち続けるみたいなものです(+_+)

 

出産で骨盤にダメージが加わると、元々の位置関係からずれてしまい、このようなことが起こりやすくなります。

 

ですので、こういった場合は骨盤の矯正をおこなうことでしっかりと痛みが取れていきます

産後の尾てい骨の痛みでお悩みの方は、一度にしかつら整体院までご相談くださいね!

産後骨盤矯正 詳細

京都 産後骨盤矯正 ネット予約

京都 産後骨盤 保育