産後の骨盤のゆがみは将来どんなことに影響する?

京都 産後専門

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口にある産後骨盤矯正専門院 にしかつら整体院です。

 

当院に来られる産後のお母さん方から

「産後の骨盤のゆがみを放置すると、将来的に良くないときいたから心配」

ということをよくお聞きしますが、今回は実際にどんな悪影響があるのかについてお話しますね。

 

●皮下脂肪がつきやすくなる

骨盤がゆがむと、その分隙間ができやすくなります。

人間の身体は隙間ができてはいけないので何かで埋めないといけませんが、この時一番早く準備できる組織が脂肪なんです。

ゆがんだ骨盤周囲に脂肪がつきやすくなるというのはこういったことからきています。

また、骨盤がゆがむことで正常な動きができなくなったり、正しい姿勢を維持できなくなるので、そのせいで一部の筋力が低下したりすると、ますます皮下脂肪がつきやすい環境をつくってしまいます(>_<)

 

●痛みが出やすくなる

骨盤にはいくつかの関節がありますが、元々大きく動くような関節ではありません。

ですので、ここがずれてしまっているとかなりのダメージになります。

骨盤は座る・寝る・立つなど、どの体勢でも荷重が加わるので、その際に痛みが発生しやすくなります。

 

●姿勢が崩れやすくなる

骨盤は背骨の土台になります。なので、ここにゆがみがあると背骨へ影響してしまうので姿勢にも悪影響になります。

姿勢がくずれると見た目が悪くなるのももちろんですが、肩こりや慢性的な腰痛の原因にもなります。

 

●尿漏れなどが残る場合がある

骨盤のゆがみが残ると骨盤底筋が正常に作用しにくくなります。

その結果、出産直後ほどではないにしろ、ジャンプするとNG、力を込めるとNGなど、尿漏れの症状が残りやすくなります。

 

●次回の出産で腰痛などの症状が重くなる可能性

1回目の出産と比較して、2回目の方が分娩がスムーズなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

1回目より2回目、2回目より3回目の方が身体にダメージが蓄積されてしまいます。

上の子供さんをみながら下の子供さんのことも…となれば当然ですよね。

1回目の出産のダメージを取り除いておかないと、2回目の時に「以前はこんな症状なかったのに…」ということが起こりやすくなってしまいます。

 

●歳をとってから悪影響が出る

骨盤のゆがみは身体の使い方に影響を与えます。

ですので、誤った使い方をしていると腰や膝などに過度の負担がかかってしまいます。

若い頃は良いのですが、60歳前後になってくるとどうしても女性は閉経のかねあいから骨が脆くなるので、軟骨がすり減りやすくなったり、骨が変形しやすくなります。

 

 

どうでしょうか?

産後の骨盤のゆがみを放置した場合に起こり得ることは、このような感じです。

もしも現在、骨盤のゆがみが心配な場合、または何らかの症状がある場合はお気軽にご相談くださいね(*^▽^*)

 

産後骨盤矯正 詳細

骨盤矯正 予約

産後 電話