体脂肪率だけを落とす大切さとは?

京都 産後ダイエット

 

こんにちは、京都市西京区 阪急桂西口のダイエット専門院ヘルシースリム桂です(^^)/

産後骨盤矯正専門院のにしかつら整体院と併設しています♪

 

 

春になって今度こそダイエットを成功させたい!とご相談に来られる方が多くなってまいりました。

ダイエットを何度も繰り返したくない、リバウンドは嫌だという方。

この1回のダイエットで終わりにしたい!という方は、「体脂肪だけを落とす」ことがとても重要です!!

 

体脂肪とは、年齢にもよりますが女性の場合はどの年代でも標準(ややマイナス)で30%を切るくらい、多くても33%を切るくらいが美容・健康両方の面からみて良い状態です。少なければ少ないほど〇ではありませんので、むやみに減らすことはやめておきましょう。25%くらいまでが健康を害さないだいたいの範疇です。

BMIに関しては22前後が健康的です。

ここからはみ出した分の体脂肪の重さが、ダイエットで落としていくべき重さです。

(ただ体脂肪率に関しては、測定する機械や時間帯などによって誤差がありますので、ある程度の精度をもった機械で、だいたい同じ時間帯・同じ条件下で計測していくことが必要になります。

 

ダイエットをしていると体重が落ちると嬉しくなりますが、体重だけを追いかけると筋肉が落ちてしまいがちです。

体脂肪よりも筋肉の方が落ちるのが速いのです。

筋肉が落ちる大きな原因のひとつに「栄養不足」が挙げられます。

栄養をきちんと摂らない食事制限や単品ダイエットなどをしていると身体が飢餓状態に陥り、何とかして栄養素を確保しようとします。

この時に身体にある組織を少しずつ分解して使うのですが、実は体脂肪よりも筋肉の方が先に分解されます。

なぜなら、筋肉は「基礎代謝」といって何もしなくてもカロリーを消費する存在だからです。

筋肉を残せば残すだけ、その分カロリーが必要になります。

なので、少しでも基礎代謝を減らして消費される栄養を減らす為に筋肉から分解していくのです。

(身体はダイエットとしての飢餓なのか本当に飢えているのかは分からないので、生き残れるようにそういう対処をします)

 

ただし、筋肉量が少なくなると基礎代謝も少なくなります。

体脂肪は大して減っていないのに、基礎代謝だけ落ちてしまうとますます痩せにくい身体になります。

結果、リバウンドのリスクも上がります。

かといって、筋肉量を落とさないように…と、栄養失調状態でハードな筋トレをするとそれこそ体調を崩しかねません。

筋肉を鍛えるのにはタンパク質が必要だからです。

 

当院のように専門家の指導のもとではない場合は、1ヵ月で2㎏くらい落ちていれば〇です。

1ヵ月で6㎏!というのは、個人でやるダイエットとしてはとても危ない目標です。

(ヘルシースリム桂では1ヵ月でこれに近いくらい体重が落ちる人もおられますが、専門家の指導のもとできちんと体脂肪だけを落としています。精密な機械で筋肉量や体脂肪率を測定して管理していますのでご安心ください(*^_^*))

焦ってしまいがちですが、結果痩せない身体を作ってしまったり体調を崩してしまっては元も子もありません。

ですので、きちんと体脂肪率が減っているのかを重視して、決して無理はしないでくださいね!

産後骨盤矯正 詳細

骨盤矯正 予約

産後 電話