産後骨盤矯正専門の整体院

仙腸関節の不安定感

仙腸関節の不安定感

そもそも仙腸関節とは「仙骨」と「腸骨」から成り立つ「不動関節」といわれる関節の事を指し、腰の下からお尻の骨(尾骨)までの間にある関節になります。
「不動関節」とは読んで字のごとく本来動くはずのない関節なのですが、出産をするタイミングにおいてはこの関節が動くとされています。
症状としては、股関節あたりが「グラグラ」する。歩いていても地に足が付いた感じが無く不安定。踏ん張れない。などが多いです。
また、仰向けで寝る際に痛みが出る原因にもなります。

仙腸関節の不安定感の原因は?

出産時のホルモンの分泌により関節にゆるみが出ることで赤ちゃんが産道通るための準備をします。
本来は出産が済んだあとにホルモンが分泌され自然に関節のゆるみが閉まっていくのですが出産後の育児、日常生活においてこの関節のしまりが十分でない方がおられます。
また、産後後からのベルトを十分に巻いていないケースもあります。

仙腸関節の解決法は?

出産前から出産後の座り方などによってさらに仙腸関節に負荷がかかるケースがるため
こちらの見直しと正しい関節の位置関係に戻していく必要があります。
方法として仙腸関節に直接矯正を施しつつ骨盤全体の調整をおこなうことで十分にゆるみが改善されていきます。

Contact

メールやお電話でお気軽にお問い合わせください

営業時間

  • 営業時間:【年中無休】
    月、水、木、土、日曜日:午前:09:00~14:00
    火、金曜日:午前:09:00~14:00、午後:17:00~20:00

住所

  • 〒615-8074 京都府京都市西京区南巽町154-3

  • 阪急「桂」駅 徒歩3分